カテゴリー「写真」の20件の記事

そうだ、きっと『人生は太陽のように明るい』

Img_7412_2

続きを読む "そうだ、きっと『人生は太陽のように明るい』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残暑お見舞い申し上げます

    

 Buta

続きを読む "残暑お見舞い申し上げます"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

敬老感謝の日

Img_0980_2

ある交差点で 

四男一女を育てたというご婦人が語るには

あなたの今は

毎日毎日 生活に追われ

一日でも早く 大きくなって 巣立ってくれと

願うものだろうけれど 振りかえるとき

あのときほど 幸せの只中にいた時はない

知るものなのです

どうぞ その毎日を大切に

きらきら、しています

街中でふと語りかけれられることは少なくない私

このときばかりは

涙が溢れた 心が震えた 

感謝って 敬老って こういうことだと

もう見えない あのご婦人に向かって 

心から頭を垂れました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ソメイヨシノ

Img_0984

一代雑種七十年 人手を得 花咲かせてこそ寿命なり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉瑞

 1_2

こんなちっちゃいことに意味をもたせて

朝一番でガッツポーズ出来ちゃう

人間って、やっぱすごくね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ならぬことはならぬものですうっ!

 13 

やってはならぬ、やらねばならぬ

ならぬことは、ならぬものです(びしっ!)

・・・なななんて、キビスィィィィ!!! 

やったらよいのかわるいのか、それをわからせぬゼン問答、

とりあえずこの2行、万能です。前記6箇条は蛇足。

それにしても、“あいづっこ”って、今も昔もたいへんです。

会津人をいたわってあげよう月間かと思うほどのTVドラマ。

今年も、やるよねー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご無沙汰ですが、元気です。

 12_2

 半人前なり"前人未踏"その喜びも苦しみも

| | コメント (3) | トラックバック (0)

まなざしの聖杯

「人間は犬に食われるほど自由だ」―

藤原新也の写真と著述が、ずっと、好きだった。

初めて彼の世界に触れたのは高校に入学したばかりの頃。家の本棚の一冊に、この言葉はあった。

続きを読む "まなざしの聖杯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンプル

    0092_2

「きみの笑顔が好きとか癒されちゃうとか守りたいとか

 そういうことで社会は動いているのです」

おぼえておきなよ そこのお兄さんにお姉さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本人へ

013_2

 百獣の王累々と檻中で腐ちるその背に襟を正せよ君も僕も

| | コメント (0) | トラックバック (0)