« 至福 | トップページ | 同世代の人々⑤:平井堅(サマ) »

“ロストジェネレーション”と呼ばれて

哀読する朝日新聞は、今25歳から35歳にあたる人々を「ロストジェネレーション」と呼ぶことにしたんだそうだ。「失われた10年」に大人になった若者たち、「さまよう2000万人」なんだそうだ。

【ロストジェネレーション-25歳~35歳】。これは本年1月1日より開始された、ペーパー版の朝日新聞における特集である。

1月9日現在、9編まで進んだと思われるが、実は私は自宅では宅配を受けておらず、asahi.comオンリーなので他所様の家から頂戴してきた7編の分までしか読んでいない。願わくば最後まで眼を通せたらとは思うが、ここまででもう充分に、

オッケー、それ、違うあるよ!

と言えるのである。つっこめるのである。いじれるのである。蹴飛ばせるのである。殴れるのである。もういいか。

しかし、そもそも私には朝日新聞の狙いが分からない。

この「ロストジェネレーション(25~35歳)©朝日新聞」は、「無党派層の中核」であり、「票田としては手付かずの宝の山」で、「格差と多様さが特徴の世代」の2000万人で、「大ヒット商品は生みにくい消費者層」。(注:カッコ内は1/6(土)特集記事上における表現より)

あのぉ~そこまで分かっていて、なにかぁ?

と、「ロストジェネレーション(25~35歳)©朝日新聞)」の一人としてはシンプルに思ってしまうのである。と言うか、それって、「世代」として括れないということなんではないの?と。

とは言え、「マスコミ界の東大」たる朝日新聞様がそんなことに気づいていないはずは無く、何らかの「誘導的結論」を持っているに違いなく、7編までを通読してみると、どうも「正社員としての道が閉ざされ、社会からはじき出されてしまった若者たち」にものすごぉくスポットを当てている点からするに、「貧富の格差が拡大する最初の世代」を強調したいのではないか、と推測する。で、そこから生じる不安感を現在の政権に向けさせる気かしらん、と。

だいたいあのね、人のこと「さまよえる」って言わないでくれる?あたしゃさまよったことなんぞ一度もないわい!「踏み台世代」だと思ったこともないし、「反乱世代」とも「消耗世代」とも「難婚世代」とも「下敷き世代」とも「絶望世代」とも「全てにおいてタイミングの悪い世代」とも(キリが無いので以下略)思ったことは、無い。

25歳から35歳の「世代」で、そう思っている人がいたとしても否定はしないが、じゃあ、36歳から46歳にはいないのか。47歳から57歳、58歳から68歳はどうなのよ?と。

せいぜい言えることがあるならば、いわゆる団塊Jr.世代(1971-1973)として。

とにかく人数が多かった。受験が大変だった。

そこに不景気がぶつかってキツイ思いもした。

そーいえば平等教育がウザったかった。

だけど、

成熟した日本と言う国からたくさんの恩恵を受けた。

その気になれば誰とでも出会えた、どこへでも行けた。そして、どの国の人よりも自由と知った。

「未熟」である「若さ」を大切にしてもらえた。

お金を稼ぐことの厳しさを若いうちに知る事が出来た。

何より、日常生活で突然命を奪われる危険が殆ど無く生きてこられた。

これ以上、幸せな世代って、あるの?私はそう、思って生きているんですが。ダメ?

特集自体はまだ続くようなので、総括はまたの機会に。そして、この特集をお読みの方々からのコメント・ご意見も期待しつつ。

|

« 至福 | トップページ | 同世代の人々⑤:平井堅(サマ) »

コメント

一々、怒ることもありません。日本のメディアって「XX世代」と題して何でも世代で十把一絡げにしがちです。

人種、宗教、階級といった対立が諸外国ほど深刻じゃないからかなぁ~。

こうした十把一絡げで迷惑千万なのは犯罪報道!!犯人あるいは容疑者のある一面を面白おかしく報道するので、関係のない人でも例えば「引き篭もり」とかで一括りにされてしまいます。

そーゆー下らんことばかり報道しないで、kakuならぬ核の話でもしっかり報道した方が(何かいわゆるオヤジギャグみたいですが)良いです。

ところでkakuさんのハンドルネームは「書く」からとったのですか?

投稿: 舎 亜歴 | 2007/01/11 01:57

舎さん、

いやー当事者なんで一応主張しておかないと。最近の若いやつは…と鵜呑みにされがちだし、当事者自身が感謝すべきところを「そっか。オレ達ってカワイソ」と思われても一大事。第一、この新聞、中韓が自国紙のオピニオンで多用するので。

kakuはもちろん「核」ですよー。いや、「助さん格さん」ですよ。ん?「角栄」?「書く」?「掻く」?「佳句」?…ってかくかくじかじか、いつかお会いした際にでもこっそりと(^_-)

投稿: kaku | 2007/01/11 13:38

中韓???????

そうした一括りはどうも良くないようです。この記事とは直接関係のないものをTBしましたが、中国と韓国の関係もなにやら緊張があるようで。メディアや他のブログを批判しながら、どうしても彼らの影響を受けてしまいます。

日本人の立場では「歴史認識で苛められている」という意識から両国を一緒にしがちです。ただ、海外のメディアではバン・キムン新国連事務総長を「アメリカの同盟国からの選出」という見方もあるようです。私にはしっくりこない見解です。何せノ・ムヒョンの外相。それほど親米とは思えないのですが。

かく偉そうに言う私も両国を一括りに見がちでした。「XX世代」なんて書く人の都合です。「勝ち組。負け組み」も同じようなものです。

投稿: 舎 亜歴 | 2007/01/13 12:08

ロストニュースペーパーではないでしょうか?

MikeRosstky

投稿: マイク | 2007/01/31 00:15

マイクさん、

おうともよ!なんたってノリミツ(この際呼び捨て)は同じビルにパラサイトしてNYに向かってせっせとガセ記事発信してるんだから。

もっと怒っていいと思う!>日本政府(首相)

投稿: kaku | 2007/02/01 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “ロストジェネレーション”と呼ばれて:

» 北朝鮮核危機への対処 [グローバル・アメリカン政論]
(出典: The Nightmare Comes to Pass, The E [続きを読む]

受信: 2007/01/13 11:52

« 至福 | トップページ | 同世代の人々⑤:平井堅(サマ) »