« 続・硬派の孤独:踊り奢るな、オトナ達! | トップページ | 虹つかむてのひら »

おばばのたはごと

春である。出会いの季節である。
と言うことで、最近「今年こそパートナーに出会いたい!!!」という、知人達(20代後半-30代後半)の悲願を叶えるべく、matchmaker=世話焼きオババ として忙しく走り回る春である。

私は以前の記事:育児課程一学年修了レポートで、「(経歴が)優秀な男性」の結婚願望およびその実現の為の自発性・積極性の希薄さを批判したが、実際に仲介人として動いてみると、なるほど、これは、需要と供給のミスマッチであるとの思いを強くした。

何が需要と供給のミスマッチか、と言えば、要はパートナーを切望する状況にある(つまりそういう年齢である)男女の互いの「こういうパートナーを求む」という条件が、全くもって合致しない、ということである。

例えば女性側で言うと、私の知人の殆どが30代で、「経済的自立の確立が出来ているキャリア女性」で、かつ(ここがポイント)一女性としてたいへん“魅力的”である。そんな彼女たちの「女としての人生プラン」には、マスコミやら政治家主導の少子化対策なんちゃら委員の思い込みとは異なって、「妻として母として家庭をしっかり築く」という項目が、かなりの高順位にリストされているのである。決して「今の生活を維持したくてぇ☆」などという不届きモンで無いのである。

むしろ、「妻として、母として、嫁として、そして社会人として、すべて真摯に取り組みたい」と大変な重責を引き受ける覚悟を持っている。まさに、拍手喝采なのである。エライのだ!スゴイのだ!ケナゲじゃないか!だからこそ、パートナーの条件として譲れぬのは「柔軟性・素直さ」。ムダに、意味なく、オトコだというその一点だけにしがみつき「威張る専門」のオレ様なだけの輩はもう職場だけでお腹いっぱい、なのである。自然、「弟キャラの年下君」が売れ筋となる(注:あくまで“キャラ”であって、本当に“弟”であるわけではない)。

対して男性側は、総じて「お兄さんキャラの年上君」(30代後半が殆ど)が私が抱える“在庫”なんであるが、もう言わずもがなで、とにかくまず「威張る」。そして「指示する」。ここからすべてが始まっているような人格なんである。だもんで、これまたパートナーには「柔軟性・素直さ」を要求する。自然「妹キャラの年下ギャル系」が売れ筋となる。だからといって、自分の遺伝子を繋いでくれる女性であるからして、本当の「ギャル」では困る、ある程度、知性のある人希望・・・と言う付帯条件も(贅沢、いうなや!)。

ここまで読んで、頭のキレるあなたならもうお気づきだろう、要するに、この、私kakuがオババとして活動するmatchmake marketでは、基本的にmiss matchが起きるように出来ている。「弟/妹キャラ」は在庫薄、当然ものすごい激戦。何しろ、そういうキャラは学生時代から売約済みだったりして、市場自体に出回らないのである。で、仕方ないので「ニイさん/ネエさんキャラのシッカリ者」同士をmatchmakeしてみると初対面から「ガチンコ勝負」をやるのである。そんでもって「ナァニ、あれ?プン!」となるのである。

そんな失敗を2,3繰り返し世話焼きオババは思うのだ:

似た者同士という夫婦もアリなのよ!確かに、上の子キャラ・下の子キャラカップルだと、ぶつかり所が異なるので、何となく居心地がよいかもしれない。だけど、人間同士って意外と最初はぶつかり合う同質のもののほうが、深い理解と絆が得られるものではないだろうか。夫婦なんて、ぶつかってナンボ、その時、本質を誤魔化しつつ年月を重ねるよりも、喧々諤々やって一つずつ前に進む方が、本当の意味での「パートナー」足りえるのじゃあるまいか!?

そんな説得を試みている私だが、わが夫婦も「上の子キャラ」vs.「下の子キャラ」カップルゆえに説得力、薄し…。

しかし、実はこのミスマッチ、何とかしなければ!!!とそれほど焦っている私ではなく、別に、相手を日本人に限定する必要ないからねぇーーーとのんびりモード。すると一人の男性からツッコミ、「自分は長男なのでやはり“結婚”相手は日本人でないと正直キツイ」と(よー言うわ、墓参りも滅多にせんで!)。

ああ、やがて来るのは「一人っ子」時代、ますますmatchmakeも難儀になろうと言う世の中である。やはり少子化は既定路線である。ムダに税金使って悪あがくより、そういう社会を想定した構築を行う方が自然である。ビシッ(着地)。

注※ これはあくまでkakuオババが暗躍?する市場のお話。このmatchmake marketが一般的かどうかは預かり知りませぬので誤解なきよう。また、“上場”している以上、商談成立=婚姻が最大の成功、とされますが、“非上場”である場合は、この限りではありませぬ、念のため。

|

« 続・硬派の孤独:踊り奢るな、オトナ達! | トップページ | 虹つかむてのひら »

コメント

笑いました!

いつもながらに、読んでいて気持ちいいです。
でも、笑い事でなく、うちの息子の心配も
そろそろしなければ・・・(^_^;)。

投稿: ゆみ | 2006/04/17 09:22

ゆみさん、こんにちは!

むふ、あの将来有望なご子息ですか?
まだ学生の…あっ、よだれが。
いやいや、ゼヒゼヒ、今のうちに
kakuオババのところに登録してください。
年下君は大大大人気です。
うちの女性陣は、全員が容姿端麗。
加えて気骨もアリ、家事もヨシ。もー完璧!

完璧な女性に堂々と向かって行けるのは
若いオトコ、これ真ナリ哉。

投稿: kaku | 2006/04/17 19:56

4-5回結婚でけたらKakuさんにお世話になるんやけど…

ついにオヤジになってしもた。

MikeRossTky

投稿: マイク | 2006/04/17 23:16

こんにちわ。
私も男女のミスマッチについて書きました。
TBします。
それにしても、kakuさんのところには素晴らしい女性が沢山集まっているのですね。
将来うちの息子どもが困ったら、お願いしようかしら。

投稿: robita | 2006/04/18 11:30

Mike-san,
お久しぶりです。遅ればせながらアンちゃんの初めてのお誕生日、おめでとう!健康で幸多かれ、と心からお祈りします。

robitaさん、
TB記事有難うございました。早速お邪魔に伺います!!!

投稿: kaku | 2006/04/18 12:25

kakuさん、こんにちわ。

いろいろ売れ筋じゃない方だけど、
わたしも入会させてもらっていいですか?
胸がチクンとなりつつ(笑)、面白く拝見しました。
TB記事かきましたので、後で貼付させていただきます。

>やはり少子化は既定路線である。

そう言わず、オババといわず、わたしを含めた独身者たちに結婚の幸せってなんなんだか教えてくださいませ(笑)

投稿: 珍獣 | 2006/04/18 21:14

Kaku-san,

アンちゃんは大変です。1歳半の子と同じ大きさ。運動神経も抜群と。親ばかといわれてしまえばおわりだけど。また陶芸のブログ(2月で更新止まってるけど…

私の周りには独身男性が沢山。どないしましょ?

マイク

投稿: マイク | 2006/04/18 21:56

珍獣さん、

ごめーん、チクンとしないでぇ(^_^)
これからTB記事にコメントしに行きます。

マイクさんからも嬉しいお申し出が!
オババ、頑張るわ!!!!

投稿: kaku | 2006/04/18 23:00

kakuさん、コメント記事を変更しただけでTBがまた付いてしまいました。お手数ですが削除してください、すみません。

>ごめーん、チクンとしないでぇ(^_^)

大丈夫ですよ、ネタふりです(笑)

投稿: 珍獣 | 2006/04/19 17:55

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おばばのたはごと:

» 望む相手がみつからない [幸か不幸か専業主婦]
kakuさんの、「おばばのたはごと」 に、結婚適齢期男女の組み合わせのミスマッチ [続きを読む]

受信: 2006/04/18 11:32

» 280■サバイバルでのsoulmate [ 珍獣の杜]
今年こそ、パートナーに出会いたい!(と不本意にも毎年言っている)珍獣です。 bl [続きを読む]

受信: 2006/04/19 17:12

« 続・硬派の孤独:踊り奢るな、オトナ達! | トップページ | 虹つかむてのひら »