« 腹をくくる:地域の子育て=親育て | トップページ | 少子社会の明るいニッポンの未来④:惜しみなく愛は… »

同世代の人々②“キムタク”

団塊ジュニアのヒーロー(?)、平成の石原裕次郎。“キムタク”こと木村拓哉。春の新番組で、1年3ヶ月ぶりに月曜9時のドラマ「エンジン」に主演なさるそうで。

フジテレビ4月の新番組によると:

男は、熱く夢を語り、クールにマシンを駆るレーシングドライバー。 彼は類まれな感性により、最速の境地に至ることができる「命知らず」。 世界をまたにかけ活躍中の彼を思わぬトラブルが襲い、一時帰国することになってしまったところからドラマは急展開する・・・

そのあとずらずら解説が続くんですが、あ、もういいや、と。恒例の「キムタクドラマ」か、と。

私はSMAPファンでもないし、どうしてもメンバーから誰か選べといわれたらまあ慎吾ちゃんかな、と言う人間ですが、木村君はやはり、同年代の人間として、望まずともいつもその動向が耳に入ってきた存在の人。そんな私から見ると、木村君、伸び悩んでいる気がします。と言うか、最近、光って無いなあ、と言う印象。

人ごとながらなんでだろう・・・と考えるに、彼、もう家庭を築いている立派な二児の父親ですよね。その事を皆、知っているわけでしょう?年齢的にも30を過ぎて、ある程度社会で積み上げてきたものがあって、それなりの地位を得ている人が、いつまでも「クールにマシンを駆る命知らずのレーシングドライバー」言われても、ねえ。だいたい前作「プライド」の時の「ぶっちゃけ~」、あれは聞いている方が恥ずかしかった、普通の社会で30過ぎた男(人間)がそんな台詞言ってたら相手にされないでしょう、ぶっちゃけ。

フジテレビと言うか、番組を制作している人に是非聞いてみたいんですが、「キムタクドラマ」一体どんな視聴者をターゲットにしているんでしょうか。そして、ここ数年の「キムタクドラマ」路線、一体どんな視聴者にウケているんでしょうか。そんでもって、こんな路線、いつまで彼にやらせるんでしょうか。

なぜ私がこんなことを思うかと言うと、つい先日、木村君の「開放区」(集英社刊)と言うエッセイ集を読んだから。

1999年から2003年までの彼自身によるエッセイということですが、時に「こそばゆいよ、あんた」と思うようなところがあるにせよ、その文章からはとても誠実で真面目で責任感が強い印象を受けたし、何と言うか、同世代の人間からみてもかなり「保守的」な人だなあ、だからあんなに早く結婚したんだね、と妙に納得したり。

けれど、これはここ数年の彼のドラマからも感じるので恐らく事務所側からの指示なんだろうけれど、このエッセイでも巧妙にそして徹底的に、彼の「家庭人」色が排除されている。これ、出版社が一生懸命宣伝する彼の「素顔」なんかじゃ全然無いこと、誰にでも分かる。

どうしてそういう戦略を取るのだろう・・・と大きなお世話にも考えてしまう。彼自身が最近光っていないように見えるのが私の思い過ごしで無いのなら、もしかしたら彼自身も、今現在の彼の「核」であろう「父親」と言う立場から得た魅力を封印しなければならないことに葛藤があるのではないだろうか。

彼自身がエッセイで述べている通り、木村君の場合は、役者として台本にある役を「演じて」来たのではなくて、「キムタク」をやっている木村君がそのまま「キムタクドラマ」で主演をしているだけだった訳ですね。彼は言う、「でも、それも俺なんだよね」と。

“キムタク”ってどうやら公共物らしい・・・“キムタク”っていうのは誰でも入れるし、誰でも出て行ける、これといった建造物のない、がらんとした公園のようなものなのかもしれない。(vol. 1 「木村拓哉」 p8)


同世代の私からすると“キムタク”って、良くも悪くもベンチマーク、つまり自分と比較する為の一つの評価基準、みたいな部分がある様に思える。だから、自分はどんどん歳を取って、考え方も環境も立場も変わってきているのに、評価基準である“キムタク”がなんだか基準にならなくなってしまっている。あれ、まだそんなことやってんの?みたいに。

もしも私の声が木村拓哉君のPR戦略担当の人に届くのならば伝えたい、私、家庭を持った木村君の話が聞きたい、そこから得た何かを反映させた彼の作品が見たいです、と。それに、時代/世代の顔たる“キムタク”が、「家庭を持つっていーぞぉ~ 子供ってめちゃかわいいぜ~」とか言えば、少子・晩婚化の解消に役立つかもしれないじゃないですか、ってそんな簡単じゃない、と言われそうだけどー。なんにせよ社会は高齢化しているんですから、既婚・子持ちのアイドル、イイと思います。

・・・木村君もあれですよ、石原裕次郎が「俺はいつまでも太陽族ばかりじゃいやなんだ!」と独立し、借金こさえつつ自分の好みの映画を作った様に勝負に出てみたらどうでしょうか?

でもどうだろう、私以外の世間の人がやはり「クールで熱い男が恋にハマる」役の木村君を未だ彼に期待しているのならば、それはウケないかもしれない。けれど、どうせこのまま進路変更なしで言っても人気は下がるだけでしょうし、ならば、人生賭けてチャレンジ!する同年代の姿が見たい。30代だからこそ出来る勝負の仕方ってこういう物なんじゃないかしらん?ホリエモン氏ほどとんがらなくってもいいけどさ。


【追記】
この記事は以下のblogにトラックバックさせていただいています:

ゆびとまさん テレビ屋の思うこと
miki-rengeさん 働く人々~シブトクつよく明るくいきましょ

※必ずしもぴったりの記事にトラックバックしていないと思いますが、ゆびとまさんはテレビ関係者の方で、miki_rengeさんはSmapファンのお方ですので送らせていただきました。内容的に不愉快な場合は削除してくださって構いませんので・・・

|

« 腹をくくる:地域の子育て=親育て | トップページ | 少子社会の明るいニッポンの未来④:惜しみなく愛は… »

コメント

TBありがとうございました。
ニュースの世界の人間なので、キムタクのイメージ戦略のことはゼンゼン知りませんが、彼の輝きが失われてきているなぁ、というのは、誰しも感じていることなのではないかと思います。
キムタクを見ていると、自分が年取ったことを思い知らされる気がして、最近はちょっとイタい。
だんだん、なんだか、「アキラ」に出てくる超能力年寄り赤ちゃんを見ているよな気がしてくるのです。

投稿: ゆびとま | 2005/03/26 01:02

TBどうもです。いろんな意見があるということで、別に削除はしませんので・・・^^;
私はそんなに違和感は感じない、というか、木村君のラジオなんか聴いてると、たまに「家庭」の話も出てきたりするんで、「あっ、家でも楽しくやってんだな」なんて思ってしまうんですが、ドラマの中ではそういうイメージを与えているのかも知れないんですね。ふーむ。
でもファンとしては、独立はして欲しくないな(笑)。

投稿: miki_renge | 2005/03/26 21:22

こんばんは
キムタク、子供の話をしないのは本人のポリシーなのかと思ってました。堂々と彼女と付き合ったり、「事務所の意向よりも自分の意思だっ」て人なのかなあと。
同年代というか同い年(年がばれる・・汗)で子供も同学年で動向のちょっぴり気になる人ではいますが、最近のドラマは見てません。
(見てる暇もないのですが)

事後報告ですが、リンクさせていただきました。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: haru | 2005/03/27 01:01

皆さまコメントを頂きましてありがとうございましたm(__)m

ゆびとまさん、

>「アキラ」に出てくる超能力年寄り赤ちゃん<

これ、私よく知らないのですが、映画『2046』もイマイチぱっとしなかったし、世界標準の32歳の男性としてみるとどうも幼い印象があります。そこが色っぽくない。日本人男性全般がそうなのかなあ。そー言えば、話題のペさんも32歳で同じO型ですね。やっぱりあちらの方が私は好み…

miki_rengeさん、

>木村君のラジオなんか聴いてると、たまに「家庭」の話も出てきたりするんで、「あっ、家でも楽しくやってんだな」なんて<

そうなんですか…ってことは、ファン以外の人にはそのイメージが届いてない、って事なんですねえ。木村君ファンってどんな方が主流派なんでしょうか?もし、彼が新しいファン層を築くつもりがあるならば、もう少しその様な声を大きくした方がいいのかも?それぞれが独立しながらSMAPって実現不可能なんでしょうか。

haruさん、

リンク頂きありがとうございます。blogに書いている私の主張、結構ホリエモン的に偏っているのも多いと思うので、ちと心配ですが。

haruさんのblogもちらりと見せていただきましたが、とても繊細そうで胸がキュっとなりそうな言葉が連なっていました…ゆっくり、静かな気持ちで見させていただこうと思います。


投稿: kaku | 2005/03/27 09:58

偏ってない人のほうが希少だと思ってます(笑)
ブログ始めて間もないのですが、様々な意見を知ることができる面白さにはまりつつあります。
kakuさんの主張は私にとってはとてもユニークで自分の間口を広げるのにぴったり、ということであまりご心配なさいませぬよう。
「腹をくくる」を実践してしっかり大地に根を生やし実りの多い子育て、人生でありたいなとおもうharuでした。

投稿: haru | 2005/03/27 12:57

 TB送信しました‥‥って遅いですけど。前後の「キムタク礼讃」の記事と併せてのTBのつもりです‥‥ってわかりにくいですけど。
 この「解放区」、面白そうですね。読みたいのですが、男には、ちょっと買いづらい。ネットで注文という手も勿論ありますが、そこまでして読みたいわけでもないし。最近のキムタクは好きです。ぼく的には、若いときよりも今のキムタクの方がイイ感じなんですよ。

投稿: ぼく | 2005/05/17 18:45

ぼくさん、

>この「解放区」、面白そうですね。読みたいのですが、男には、ちょっと買いづらい。

私がアマゾンマーケットプレイスで600円で買った中古、あげたいけどねえ。

うちのダンナが妙に「こんなん邪魔じゃ、棄てろー」とうるさいんですよ(嫉妬かしらん、と前向きに解釈)。

投稿: kaku | 2005/05/19 16:45

 ぼくは同世代と言うわけでもなく、キムタクの方が5歳(6歳? 7歳?)下なのです。詳しくは知らないんですけど。同世代の有名人では織田裕二とか好きですね。女性では山口智子とか(ぼくのWeblogの方のコメントを受けて書いてます)。「解放区」欲しいなぁ、下さいよ(笑)。まぁ600円なら買おうかなぁ、どうしよう

投稿: ぼく | 2005/05/19 17:26

そうですか、ぼくさんは平井堅似でいらっしゃる・・・美男ならではのご苦労が色々とおありだったであろう、と心中ご察しもうしあげまする。

私としては、昔のHipな堅サマよりも最近の彼の歌がいい感じなんですよ。なんてゆーか、若者に説教入ったりしてるオッサンくささが最高!(と、再び力説)

山口智子さんは素敵ですね。そう言えばこの間、住宅街でフツーに歩く唐沢さんを見かけましたよ。やっぱり姿勢がよくて遠目から見てもカッコよかったです。

投稿: kaku | 2005/05/20 11:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同世代の人々②“キムタク”:

» もし僕が女だったら [ぼくのWeblog ]
「働くオンナのための」シンポジウムに行ってきた。オンナでもなければ、ロクに働いて [続きを読む]

受信: 2005/05/16 19:39

» キムタクは少子化問題の救世主になれるかも!? [地方広告代理店の社長ブログ - okada blog -]
キムタク主演の月9ドラマ「エンジン」が僕的には結構面白いです。世間の評価はかなり悪いようですが・・・。多分キムタクではなく他の誰かだったら、メチャクチャつまんないヒューマンドラマだったと思いますが、やっぱキムタクですからね。見てしまいます。あらためて彼の存在感の強さを思い知らされました。でも、先週放送の回ではキムタクも既にいい親父なんだと強く感じるシーンがありました。子供をだっこするシーンがあったのですが、常日頃から子供を抱きなれているのがバレバレだった気がします。独身の役なので演技的には?ですが、... [続きを読む]

受信: 2005/05/17 16:35

» キムタクのドラマに出したい [kchan's blog]
キムタクの月9ドラマ「エンジン」にたくさん子役達が出てますね。みんな大人顔負けの演技でいいな~って思います。けいちゃんもいつかキムタクの息子役とかでテレビ出れないかな。そしたら私もキムタクに会えるのかな。今はまだ夢物語だけど、いつか現実になってくれたらいいな。でも無理にとは言わないよ、もちろん。けいちゃん照れ屋だし、芸能界には向いてないかもしれないしね。それにキムタクの息子役なんてやったら、お父さん嫉妬しておかしくなっちゃいそうだし。... [続きを読む]

受信: 2005/05/17 17:37

« 腹をくくる:地域の子育て=親育て | トップページ | 少子社会の明るいニッポンの未来④:惜しみなく愛は… »