« September 11(5) その後のデモクラシー③ | トップページ | 少子社会の明るいニッポンの未来 »

健全なる保守思想!

飛び込んだばかりのblog world、早速すごいblog発見。「保守思想」のマイクさんと、「深夜のNews」の真魚さんのblogだ。

正直、彼らのオピニオンを拝読して、鳥肌が立った。
いやあ、こんな感覚、久しぶり。嬉しい。泣けてくる(マジ)。

実は、米国における私の政治的スタンスは、liberal即ち民主党的、と評される事が多い(ま、米国人にとって私は選挙権を持たぬ日本人なのであんまり意味は無いんだけど)。何故かと言うと、私は、共和党的ほどマーケットパワーを信じていないから、と言うか、私にとってマーケットパワーへ委ねきれないと信じる分野が結構ある。教育、福祉分野については、相当積極的に国家が財政的にも介入すべきだと思っている。

その話は後日に譲るとして、そんな私でも、日本に戻るといつも感じる、「この国では、“健全な保守思想”の台頭が必要だな」と。

保守思想=Conservatism、と言うと、一般的にはすぐに「ネオコン」だとか「日本愛国党」(←なんか懐かしい?)だとかを連想されがちだけれども、結局のところ、「今、自分の立つ場所を守る」とする姿勢なんではないだろうか。例えば、先にあげたマイクさんの9/11テロと先の学校占拠事件についてのオピニオンには:

>戦争である、刑事問題ではない - 国家が国民の自由を守るために戦争として認識する必要がある。<

と言う部分があり、私は「まっこと、その通り!」と机を叩いた。・・・とは言え、いまや身重状態で命作成中の私、マイクさんがこの後に続けて仰るように「アルカイダなどのリーダーをことごとく殺すしかない。」にはすぐさま賛成できかねるのだが、大切なのは、「血を流さずに主張を行う」思想・体制を守らねば、と思う危機感である、と。

しかしあれですね、アメリカを代表する「デモクラシー」は、内向きにはOKなんですが、外向きにはなかなか作用しない、と言う危険な落とし穴があることは確かですね。ジョン・ロック以後の我々を含む、後世の人間の課題であります(と、壮大なオチで終了)。

|

« September 11(5) その後のデモクラシー③ | トップページ | 少子社会の明るいニッポンの未来 »

コメント

紹介して頂きありがとうございます。

僕の立場は基本的にリベラルです。しかし、保守主義思想についても共感があります。僕の場合は、なるべく自分のアタマで考えるようにしようということで、結果的にリベラルに近くなるということです。リベラルにも保守主義にも利点と欠点があります。僕は日本人ですから、リベラルも保守も一緒の「アメリカの歴史と政治思想」そのものに関心があるだけです。アメリカについていろいろ書いていますが、本心はアメリカが好きなんです。

投稿: 真魚 | 2004/09/12 20:44

kakuさん、(なんかおかしい、角さんみたいで。ごめんなさい。)ブログ開設おめでとうございます。

kakuさんの私のブログへの初めての投稿のあと、すぐに貴女だとわかったのですが、そのままメールの文載せちゃいました。

さて、私のような普通の主婦は政治や歴史の知識を駆使して議論することはむずかしいので、まずはkakuさん、真魚さん、マイクさんの文章を読ませていただくぐらいしかできませんが、どうぞよろしくお願いします。

投稿: robita | 2004/09/13 10:29

真魚さん、ちょっとした疑問なんですが、トラックバック差し上げたら、コメントなどで管理人の方にご連絡差し上げるのが「筋」なんでしょうか?

>アメリカについていろいろ書いていますが、本心はアメリカが好きなんです。<

私もアメリカが大好き、と言うより愛してます。9/11以後は、米国および米国人のuglyな部分が目立っている様な気がするのは悲しいですが。そうして私もまた、問題ごとに立場が保守であったりリベラルであったりと区分される人間です。そういう意味では、時に中国、時に欧州の政治思想と、世界中の思想に魅力を感じてふらふらしています。


robitaさん、お立ち寄り下さってありがとうございます。

>私のような普通の主婦は政治や歴史の知識を駆使して議論することはむずかしいので<

ワタシがこういうこと言われるのが好きじゃないことご存知のくせにぃ。どんなお言葉でも有難く頂戴します、気が向いたらいつでも声をかけて下されば嬉しいです。

投稿: kaku | 2004/09/13 13:50

僕もブログを初めてまだ1年たっていませんが、TBを送っても別にその管理人に連絡をしなくてはならないわけではないと思います。TBをただ送るだけでもいいです。まー、ひとことコメントした方が親切ではあると思いますが。必ずそうしなくてはならないというわけではありません。

投稿: 真魚 | 2004/09/13 23:00

>ワタシがこういうこと言われるのが好きじゃないことご存知のくせにぃ。<

いえ、ご存知なかったです。

kakuさんのあまりの威勢の良さに、robitaに睨まれた真魚さんの如く、「へ、へい、ワ、ワタスは無学な主婦でごぜえますだ」と、つい言ってしまいそうで・・・。

投稿: robita | 2004/09/14 10:08

@LargoYou

投稿: Largo Youling | 2019/03/27 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 健全なる保守思想!:

« September 11(5) その後のデモクラシー③ | トップページ | 少子社会の明るいニッポンの未来 »